辞令交付式の意味とは?服装・マナー・受け取り方のすべて

皆さんがお勤めになられている会社では

このようなことが行われるでしょうか?

 

【辞令交付式】

 

何だこりゃ?

そう思った方も多数いらっしゃいますよね^^;

 

新入社員の方々は

これからこのような式に

出られる方も多いでしょう。

 

そんな方のために、

辞令交付式の手引きを

この記事で作成しておきました。

 

気になっている方は

是非ご覧になってくださいね(*^-^*)

 

辞令交付式の意味とは?

 

辞令交付式とは

入社、異動、昇進などの際に、

所属する部門の長、又は社長から

「辞令」「任命書」を渡す式のことをいいます。

 

もはや説明することは

これだけですね(笑)

 

まさに上記に示したことが

行われるのです。

 

次は一番迷うことなのではないでしょうか。

服装についてです。

 

辞令交付式に相応しい服装

 

服装はスーツが一番無難なようです。

が、制服がある場合は

制服を着用していくところもあります。

 

新入社員で入る場合は、

リクルートスーツを着ていくのが間違いないと思います。

 

公務員は制服がなく、私服ですが

辞令交付式はスーツを着て行った方が

印象が良いと思われます。

 

どちらにせよカジュアルな服装では

場違いなので正装していくことをおすすめします。

 

そりゃそうですよね^^;

大人になったらスーツ着ていけば

ほぼ正解ですからね。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

もちろん華美になりすぎるのはよくないですが^^;

その理由から

アクセサリー等も控えた方がいいでしょう。

 

髪型も長い人は一つにまとめるなどすると

印象よくもたれると思います。

 

これは特に新入社員に多いと思いますが、

前日にはしっかりスーツにしみやシワなどがないか

確認することも大切です。

 

今までスーツを着にすることってなかったですもんね^^;

ここは決して忘れないでくださいね!!

実はみんなそういうとこに目が行ってますよー!!

 

異動や昇進で今の部署を去る場合は

服装が難しいところですよね。

 

自分が異動や転勤することがわかっていれば

正装でいけますが誰もしらないことなので

普通通りに出社すると思います。

 

ただマナーとして、

自分が担当していた得意先や担当者や、お世話になった方に、

直接会った時や電話で異動・転勤の旨を伝えましょう。

 

そして自分がしていた仕事は

確実に後任者に引き継ぐことが重要です。

 

引継ぎが出来ていないと

困るのは相手方ですからね^^;

 

私も学資保険をかけていますが、

そこがまたコロコロ人が変わるんですよ^^;

 

仕事場に集金に来ますから、

引き継ぎがうまく出来ていないと

かなり時間取られるんですよね、こっちが。

なので抜かりなく引継ぎはしましょう!
(いつも来てくれる方お願いします笑)

 

辞令の受け取り方について

 

辞令の受け取り方は

会社によって違うそうです。

 

個々に渡す場合と代表者一人に渡して、

後に所属する部門の長から渡される場合等

さまざまな様です。

 

目上の方から受け取る辞令なので

きちんと相手の目をみて姿勢正しく受け取りましょう。

 

これらのことに気をつければ

なの問題もなくいけるでしょう!

スポンサードリンク


暇つぶしに見てって~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ