手足口病は大人感染する?経路期間・治療・画像!うつると仕事や頭痛は?

皆さんは手足口病という病気を知っていますか?

実は子供だけの病気ではないんです。

 

大人でも手足口病にかかります。

 

今回は大人の手足口病について症状や治療

感染経路や感染期間などについてお伝えしたいと思います。

 

手足口病 大人 感染 経路 期間 治療 画像 うつる 仕事 頭痛について

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

手足口病

子育て中の方はよくご存知かと思います。

6月ごろから8月にかけて流行る、子供に多い病気です。

7月頃がピークといわれ、

特に乳児や幼児(5歳以下)に多く認められます。

 

手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱

これらをまとめて「3大夏風邪」

と呼ばれるほど夏に多い病気です。

子供の病気と思われがちですが、

最近では大人への感染も多くなっているようなので

注意が必要です。

 

症状

はじめは咳や鼻水、頭痛など風邪のような症状で、

数日経ってから

口腔内に2㎜~3㎜ほどの白い水泡が出来たり、

名前の通り手のひらや足の裏にも赤い発疹や水泡ができます。

この発疹や水泡は痛みを伴うことが多いです。

 

そのためご飯が食べにくくなったり、

飲み物が飲めなくなってしまうこともあります。

乳幼児は特に脱水症状に注意してあげましょう。

 

夏風邪の一種のヘルパンギーナも口腔内に白い水泡ができますが、

口蓋垂(のどちんこ)の周辺に症状がでます。

またヘルパンギーナでは発熱を伴いますが、

手足口病は熱はあまり認めません。

熱が出ることがあるようですが、

ヘルパンギーナのように高熱ではないようです。

 

しかし大人が感染した場合は重症化しやすく、

39度を超える高熱が出たり、

発疹や水泡の痛みやかゆみが強く出ることがあります。

 

また乳幼児ではまれに重症化すると

髄膜炎や脳炎になることもあるので、

素人判断は禁物です。

気になることがあれば病院にかかりましょう。

 

感染経路・感染期間

主に子どもが手足口病にかかっていて、

その家族が感染するといった感染経路が多いです。

 

  • 飛沫感染(くしゃみや咳でウイルスが飛散することで感染)
  • 経口感染(感染者の分泌物や排泄物などから感染)
  • 接触感染(皮膚や粘膜などが接触することで感染)

などで容易に感染してしまいます。

保育園や幼稚園で流行ることも納得ですよね( ;∀;)

 

潜伏期間は2日~6日程

感染すると唾液から2週間程度、

便からは4週間もの間ウイルスが出てくることも。

症状が治まったように見えても

ウイルスが残っていることもあるので、

保育園や幼稚園では注意が必要です。

 

 

治療

手足口病に効果的な薬はありません。

症状に対しての治療となります。

 

発疹や水泡の痛みやかゆみを止める薬が処方されます。

とにかく症状が改善するまで安静にするしかありません。

 

仕事復帰

子どもの場合手足口病を患うと保育園や幼稚園では

インフルエンザのような出席停止ほどではありませんが

完治したことを証明する

治癒証明書がいる場合が多いです。

 

しかし大人の場合は簡単に休めないですよね…

症状が改善するまでしっかり休める場合は休んでください。

熱が下がり症状が軽減して会社に復帰される場合は

周りの方が感染しないよう

マスクや手洗いなど出来る予防をすることが大切です。

大人への感染が多くなってきているので、

十分注意して予防してください。

 

まとめ

今回は大人の手足口病についてお伝えしました。

大人は乳幼児よりも重症化しやすいです。

 

39度以上の高熱、

発疹や水泡の痛みやかゆみが強いなど

本当にかかると苦しい病気です。

 

お子さんが感染した場合は

マスクや手洗い、うがいなどの予防をしっかり行いましょう。

 

スポンサードリンク


暇つぶしに見てって~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ