三寒四温とは?時期や正しい使い方をあなたは勘違いしています

三寒四温の正しい使い方や、

意味を皆さんはご存知でしょうか?

 

そもそも、三寒四温ってなんぞや?

って方もおられるでしょう。

 

学校の宿題で【三寒四温の意味】を

出されている方もいるでしょう。

 

今回はそんな方々のために

わかりやすく三寒四温の意味や

正しい使い方、時期を

まとめてみましたので是非ご覧ください。

 

三寒四温とは

三寒四温とは冬の間の時期に、

3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、

寒暖が繰り返される現象のことをいいます。

 

この言葉の由来は元々中国の東北部や朝鮮半島の北部に現れる現象で、

冬の気候を表すものとして使われていました。

ですから日本特有の気象ではないことが言えます。

 

そして冬の寒さは風速に支配されることが大きいため、

シベリア高気圧から吹き出す風が7日の周期で強まったり弱まったりする現象です。

 

日本ではシベリア高気圧の他にも、

太平洋の高気圧の影響もあるため、

冬に日本で三寒四温をはっきり現れることはありません。

 

三寒四温の時期

時期的には晩秋から初春の気候を指していますが、

三寒四温は春先のだんだん暖かくなっていくという言葉をさしているので、

今の日本では春先に使うことが定着しています。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

その原因は、春先に低気圧と高気圧が交互にやってきて、

低気圧が通ると寒くなる、高気圧が通ると暖かくなるという周期が

繰り返すことが多くなったためだと思われます。

 

三寒四温の正しい使い方

今は春先に使う言葉として定着していますが、

本来は冬に使う言葉なので1月、2月に使うのが一番いいと考えられます。

 

手紙のあいさつ文も2月に手紙の結びの言葉などに使用します。

 

書きだしの例としては、

「三寒四温の候」や「三寒四温の時節」など、

結びの言葉は、

「三寒四温の時節柄、どうかご自愛専一にてますますご活躍をお祈り申し上げます。」

「三寒四温の今日この頃、こまめに衣服を調節して、どうぞ体にお気をつけてお過ごしください。」

など使われています。

 

2月が一番寒くなる季節なので体調を労わる文章を一筆そえるといいでしょう。

そして俳句ではもちろん季語も冬になります。

季節は晩冬です。

しかしこの季語は特殊であまり用いられることがないようです。

 

私自身も三寒四温という言葉は冬の言葉だとはおもいますが、

暖かくなる春先に使うのが最もベストではないのかなと感じました。

スポンサードリンク


暇つぶしに見てって~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ