シェールガスとは!?シェールガス革命とシェールガスが抱える問題点

シェールガスと言うものを

ご存知でしょうか。

 

ニュースでたまたま流れていたので

これを記事にしようと思い

わかりやすくまとめてみました。

 

シェールガスとシェールガス革命とは

まずシェールというのは、

すずりのような黒っぽい岩で頁岩といいます。

 

その頁岩の層の隙間から採取されるガスを

シェールガスと言いいます。

 

はい、そして今から100年以上も前、

地下200メートルの程度の地中海深くに

シェールガスが埋蔵されているのは確認されていました。

 

しかし従来の天然ガスに比べると、

採掘の難易度が高いため

コストがが高くつき採算が合わないとされてきました。

 

ところが2000年に入ると、

米国で採掘をめぐる技術革命が起きたことで状況は一変しました。

シェールの層に高圧の水と化学薬品を注入して、

隙間を作る「水圧破砕」や、

シェールの層を水平に掘りすすめる

「水平掘削法」の技術が生み出され、

劇的に生産コストが低下しました。

 

そして一気に生産が増え、

世界のエネルギー事情に起こすことを期待され

シェールガス革命と呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

この一連の改革を成し遂げたのは実は、

オイルメジャーではなく、中堅企業だったそうです。

 

日本はわずかに秋田県から

シェールオイルが見つかった程度で

地質の都合上シェールガスの採掘は難しいが、

商社や電力会社が米国からの

シェールガス輸入プロジェクトをすすめています。

 

シェールガスが抱える問題点

現在日本は、欧米諸国よりも高い価格で

天然ガスを輸入しており

電気料金の高騰につながっています。

 

アメリカから低価格でシュールガスを輸入できれば

エネルギー供給に不安を抱える日本も未来がみえてきます。

 

期待が高まる一方でこの「水圧破砕」の方法には

いくつかの問題点が指摘されています。

 

注入した化学物質が地下に残留し、

飲み水となる地下水に汚染される可能性があるということです。

 

そして温暖化のひとつであるメタンガスが

地上に漏れ出てくる危険否めません。

 

また、採掘自体が地震を誘発するのではないかと指摘し

アメリカでは住人による抗議活動が発生したそうです。

 

このようにシェールガスには

期待が持てると同時に、

まだまだ問題は山積みになっています^^;

 

これらの問題が解決された時、

私たちの暮らしは

今までとは段違いに希望が見えてくる気が

バンバンしてきますね^^

 

何とかこのような問題を解決する方法が

見つかればよいのですがね(・_・;)

スポンサードリンク


暇つぶしに見てって~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ