ムスカリの育て方と由来!花言葉にはこんな意味があった!

春といえば、花を育てる!

これしかないでしょう!

もうね、三度の飯より花が好き!

そんな方にはこれ、ムスカリ(*’ω’*)

 

ムスカリの花を育ててみましょう!

ダウンロード (54)

ってことで、育て方を早速覚えて

今日から家庭のお花畑オープンしましょう!

よし、早速見ていきます。

 

ムスカリの花とは?由来と育て方

 

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

ムスカリとは、ユリ(キジカクシ)科のムスカリ属の植物のことです。

地中海から西南アジアにおよそ40種分布する球根植物です。

 

名前の由来

ギリシャ語の「麝香(じゃこう)」からきていて、

ある花の種が強い芳香を放つところから

ムスカリと呼ばれるようになったそうです。

 

花は一見ブドウのように見えることから

「グレープヒアシンス」とも呼ばれています。

 

花期は3月~4月。

花の色は青紫、白。

 

 

ムスカリの育て方

 

秋に球根が出回るので、

肌寒くなった11月から12月に植え付けるといいです。

 

鉢植えは球根の先端が隠れるくらいで、

庭植えはさらに5cm程土を覆いましょう。

 

数の目安は5号鉢で7球くらい、

詰め気味に植えた方が咲いたときにきれいです。

数年植えっぱなしにするなら

ある程度間隔をあけて植えた方がいいです。

植えっぱなしでも大丈夫ですが2~3年をめど

6月ごろ一度掘り上げて植え替えを行いましょう。

 

場所は風通りが良く、日当たりのいい場所がいいでしょう。

 

水はけのいい土を選び、

水遣りは表面が乾いてきたらたっぷりあげましょう。

 

夏前に葉が枯れて休眠の時期に入るので、

入ったら水遣りは必要ありません。

花が咲き終わったら花茎は付け根から切ります。

その際葉は切らないように注意してください。

 

青々と茂っている時は、

葉が日を浴びて栄養を作り球根までその栄養を届けてくれます。

栄養を蓄えて大きくなった球根は翌年の花にも期待できます。

 

まれに白絹病にかかることがありますので、

発病して球根が腐ってしましたらまわりの土ごと処分しましょう。

 

ムスカリの花言葉

 

最後にムスカリの花言葉は

「通じ合う心」「明るい未来」「寛大な愛」「失望」「失意」「絶望」

があります。

 

西洋圏では紫や、青紫系の色は

悲観的なイメージがあるそうなので

この花言葉は色から連想されたものかもしれませんね。

 

さあ、ここまでこればムスカリマスターですね^^

早速ムスカリの花を育ててみてください。

 

ムスカリの花を育てて見たいと少しでも思った方は、

ここで一回見てみてください⇒山野草・水生植物・宿根草等のナーセリーショップムスカリ マウントフット 白に青 3球入 3….

スポンサードリンク


暇つぶしに見てって~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ